ぴあのらま

<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

11,24世田谷区ペット同行避難・雑感

えー、色々な事があるとついつい開店休業になるこのブログですが、
今年になって、ああいう事やこういう事も起こり、
私としても思うところとか意見とかもあるんですが、
まあ何をやっても色んな人はいるし、
真剣にやればやるほど意見は分かれるものですし、
それを嫌と言うほど再認識した年だと言えるかもしれません。

まあこちらも婆あですし、足も今年になっていためちゃったし、老父はいるし、
やれることには限りはありますが、
今まで通りに、やれることをやっていく、というスタンスは変わりません。

e0218870_2041278.jpg


というわけで、同行避難訓練です。

ちなみにこれも入れて5回に分けて書いていきましたが、
結局同じことを書いています。
長い文章苦手な方は。1個の記事だけ読んでくださるといいかもです。(オイオイ)

私は世田谷区民ですが、子供が小さいうちは、舐めるように見ていた
広報誌せたがやも、最近はほとんど見てません。見る暇がないと言ってもいいかも。
今回の訓練の事を知ったのは、こちらの方のブログでした。

「野郎猫千太組」
http://yaroneko.blog55.fc2.com/

重要なことを発信してくださってありがとうございました。
おかげさまで貴重な体験と、そして確認ができました。

昨年の第1回の砧中学校での訓練も直前にツイッターで知りましたが、
昨年はともかく被災動物系ボラと、身内のあーだこーだで。
その日は予定がぎっしり、で行けませんでした。
ですから、今回の事を知り、その日の予定がたまたまなかったことで、
他の予定を入れないようにしていたのです。

結果、実りはなかったけど、実りはあった、とでもいいましょうか。

ともかく、これからだな、という事を感じました。
レポート中にも書いてありますが、いい方向に激変しない限りは私は同行避難はしません。
家に住めなくなった場合、ぎりぎりまで家でなんとかし、
出来ない場合は他にどうするかということを最近考えています。

尚、一時避難については別です。
その場合の最低限の用意として、

各個体にマイクロチップ装着、登録済み
各個体の迷子札、首輪の裏に個体情報、飼い主情報をある程度記入。
各キャリーに名札(飼い主情報、および個体の名前)をつける。
人数分のリードを持参する。

まではしていました。
他に最低限(特にフードとウエットティッシュなどの用意)のものを一緒にしょえるようにのリュックの用意。

今回の訓練で、今まできちんと認識しておらず、これは必要だからやらなくては、と思ったのは、
小林先生のお話で、スマホと手帳に各にゃんこの個体情報を記入という、
(すみません、まだやっていません、)
それぐらいでしょうか。



さて、311以降、ペット用品の会社から、折りたたみとか簡易版とか、旅行に持って行けるとか、
というような防災のためにいかがですか?という品物も出てきており、
中にはこれはあってもいいなあというものもありました。

例えば、簡易版のケージ(一部布などで作成されているもの)
簡易版の猫トイレ
持ち運び用の食器

などなどです。
正直、簡易版のケージ(クレート?)は購入も考えていましたが、
今回の世田谷区のような野外むけではありません。
あくまでも人と一緒の避難所で使用するものですね。
世田谷区が提供してくれる野外のブルーシートの上では、絶対に無理な代物です。

いずれにしても、私はうちのこたちを野外に置きっぱにするつもりはさらさらないので、
そういう意味ではひとつ、試しに買っておくのはありかもしれませんが。



例えばそういうことに熱心ではないかもしれませんから、これはあくまでも例えば、ですが、
会場は山野小学校でなく、砧小学校。
砧小学校には、グラウンドのはずれに学童くらぶの建物があります。
もっともこちらの建物は砧小学校の高台から下る感じの場所にあるので、
もしかしたら地震でもたないかもしれません

仮にそこを使えるとしたら、本校舎からかなり離れているので、
わんこが鳴いてもそう問題ないかと思おいます。
建物のまわりは多少地面があったはずなので、屋外でつないでおくこともできるかも。
建物の中の様子を知らないのでなんともいえないですが、場合によっては、
何軒かは飼い主とペットが一緒に住むことはできるのかもしれません。

ただ、山野小の2グラもそうですが、
そうなると、避難所本部の、ペットのいない人たちとの交流は望めないかもしれません。
交流がなければ、誤解も生みやすい。
ただ煩い、危ない、などで、線引きして引き離すのが、結局マイナスになるのではないかと懸念が残ります。

人間側(という言い方も変ですが)の避難所についても、課題は沢山あるかと思いますが、
人間側の設備や運営と同時とは言いませんが、そう遅くなく(考えてる間に地震が来なければ、ですが)、
やはり人間と動物の共存は考えていってほしいと思います。

常に後回しにされる犬猫、動物たち。
しかし、世界の災害で、人と一緒に避難していく動物、
レスキューに率先して救助される動物たちの動画が
YOU TUBEにあがっています。

日本ではどうか?
311直後に、自衛隊隊員の足にしがみついている泥だらけの子猫の写真がネット上に出たことがありました。
当時、とてもそれを見て感激したことがありますが、
1年後、1年半後にもその画像がネット上に出て、いかにも最近見つかりましたという感じで
拡散している人もいて、元の画像、ソースはどこなのか、調べてみてもわかりませんでしたので、
いささか懐疑的にはなりましたが。
少なくとも不特定多数の方たちが、何匹もそうやって助けてくれたことは想像出来ます。
確か、自衛隊の方で、駐屯地で飼っていてくださり、
赴任先が変わった時も連れて行ってくれた方もいたはずです。

それでも、後日美談として報道されるようなことでも、災害時に絶対出てくることば。
こんなときに動物のことなんて。
今は人が先だろう。
アレルギーの子供がいるのに、避難所におけるわけないでしょう。
動物は臭いし、いたずらするし、第一子供を噛んだらどうするんだ。
動物にわけれる食べ物なんてないよ。

幾らでも出てきます。
予想できて、でも少しは回避できるか、緩和できることは、先に手筈ができるでしょう。
それには相互理解が必要。
動物嫌いの人にも、動物の許容範囲を知ってもらうことが必要なんです。

それが、最初からきっちり線引きして、飼い主(一応人間ですよね)すら、
他の避難所の人間と線引きされかねないような避難所を、最初からわかっていて運営するのはいかがなものか。

これは最初です。
いずれは、一緒に避難訓練をおこないます、

そんな言葉は一回として出てこない。

もしくは、一緒に避難訓練をしたいところですが、今はかないません。
なかなか諸事情が許しませんが、先行きはそうして行けるといいと思います。

という前向きな言葉もない。

避難訓練の際に、聞かされた言葉は、
避難所では動物の物資はありません。
先行きも見込めません。
提供できるのは場所だけです。(ブルーシートくらいは特別に用意しますよ)
設置や運営は飼い主でやってください。全て自助運営でお願いします。

行政や、避難所の運営側に頼るな。

ようはその一言につきます。

あー、税金払いたくなくなるな。




2011年の3月11日の震災から、1000日たとうとしています。
復興が進む中、いまだにまだ仮説住宅はそのまま、
借り上げ住宅もそのまま、地域の再編で、いまだに取り残されているペットもまだいます。


そういうことを見てきているはずなのに、それが生かされているとは思えません。

さらなる再構成をお願いしたいものです。

More
[PR]
by 911pianorama | 2013-12-04 16:23 | 被災動物

11・24世田谷区ペット同行避難訓練 その2

世田谷区世田谷生活保険課・危機管理室災害対策課・東京都獣医師会世田谷支部が作成した

「災害時にペットを守るために」

というA4判で6ページのパンフレットが全員に配られました。
世田谷区独自のそういう指針があるわけですね。

それを元に、まずは保健所の方が説明をされました。
e0218870_138157.jpg

順不同でしかも私の解釈になるかと思いますが、ご勘弁を。
●避難所ごとの地域中心の運営になる。保健所の職員は関与出来る余裕はない。
●原則、受け入れるペットは犬・猫などの小動物で、避難者に危険をおよばさない動物。
●ペットと飼い主は一緒にはいられない。ペットスペースは飼い主たちの自助で設置。
場所は避難所で提供するが、基本的に屋外。
山野小の場合では会場の第2グラウンドになる。
(第2グラウンドの環境については、その1・5に書いた通りです。)
●ペットを留め置くためのケージなども全て飼い主たちで準備。
(ケージを持っている、持っていないではなく、ケージを避難所まで持って行けるのか?という疑問はでないのだろうか?主催者側に。)
●ペットは登録され、番号で管理される。
●飼い主たちで自助グループを作り、飼育、運営に当たる。
●被災した動物の手当ては、東京都獣医師会所属の動物病院が救護所になる。
(各避難所に獣医、動物救護所はない)
●受け入れのペットについて、例えば犬の場合は狂犬病ワクチンをしていない場合は受け入れられない。
●動物たちのしつけなどがされていること。(無駄吠えをしない、トイレなど)
(でも、どんなにいいこでも、人間と同じでストレスでほえたりする子は当然いますよね。そういうこははねられちゃうのか?)
●避難所では、人への支援物資はあっても、ペットの支援物資はない。自前で用意。
(自前でどこで用意するのでしょう。持ってきたものがなくなったら。)

e0218870_1595043.jpg

保健所の方は真摯に熱心にはお話くださいましたが、
どうも全体像が見えてきません。
大変失礼な話かもしれませんが、今回いらっしゃったスタッフの方たちは、ペットを飼っていらっしゃるのか?もしくは過去には経験があるのか?もしくはそういうことを調査なさったのか?そして、実際に東北などに行き、災害現場や、被災動物のシェルターをご覧になったことがあるのでしょうか?
実際には訪れていなくても、そういう事柄を調べたりしていらっしゃるのでしょうか?

つまり、お話の内容が現実的には役に立たないのではないか、と感じたのです。
もうひとつ、全て「犬」のみを基準として考えているようにも見受けられました。

さて、続いて、東京都獣医師会から、「成城こばやし動物病院」の小林先生が
補足および、ご説明をしてくださいました。

e0218870_147829.jpg

小林先生を私は失礼ながら存じ上げませんでしたが、さすがに小林先生のお話は現実的に感じました。
被災時にペットとやむなく別れてしまった時の事を考えて、マイクロチップなどの情報をきちんとしていく、という事に加えて、スマホや携帯などに、ペットの個別情報を入れておく、ということも推奨されていました。
確かに、充電の問題さえなければ、それはやっておくにこしたことはありません。

(ただ、先月私のI-phoneは、頭脳がいかれて中身をリカバリーされてしまいました。データ全てパーです。パー!!なので、それだけでは心配。やはり、紙の媒体も必要、ということで、手帳にも記入するようにしたいと思いますが。)


いずれにしても、日ごろからのしつけ、と言っても、人間でも子供でもそうですが、個体差があります。
うちも、訓練時に脱走の危険性の少ない、人や犬に対してあまり警戒心のない、かつ本人がストレスをうけにくいのではないか、ということでさくやを連れていきました。
少なくとも、最初少し鳴いたくらいで、後はずっとリュックの中でおとなしくしていましたから、「そういう風なこだといいですね」といわれました。又、最初からいたおとなしいチワワちゃんもほめられました。

しかし、そんなこばかりではないですよね。
そんな子の方がすくないかもしれない。
でも、人間のうるさいがきんちょよりは、ずっとお利口で静かな犬猫もいるんですよね。

そういえば、さくやを入れたリュック型のキャリーはやけに注目を集めていました。
非常時に逃げるさい、両手をあけることを考えたら、リュックと思うのですが。
(獣医さんの待合室で以前、ラブの飼い主さんに、リュックっていいわねえ、と言われました。ラブじゃしょえないもんね。)


ところで、その1・5のブルーシートの雨よけ付きブルーシートのペット置き場(いやな言い方ですが。我ながら)ですが、最初の説明の時に見せられました。
飼い主さんは殆ど同じ感想を抱くかと思います。

すなわち、ここではうちのこは無理だ。

お話では、今回の訓練の目的の一つに、避難所での限界を知る、ということだともお話されました。
こういう形でしかできませんよ、という。
なので、なるべく自分の住居で避難所には頼らないように、ということなのですね。

重複になるかと思いますが、それはわかります。
でも、きちんと飼育している、家族同様にしているペットがいるうちでは、当然そんなことは考えている。すなわち、災害がきたときに出来る最低限のことは準備しているので、出来れば、飼い主のほうだって避難所には行きたくないわけです。

だから、どうしてもいなければいけないとき、
火災が起きて、家が焼けた時、これが一番世田谷区では現実的な災害でしょう。
又、多摩川から近く、仙川、野川などの多摩川の支流がある地域では浸水も考えられます。
確かハザードマップでは、津波の被害はなさそうでしたが、こればっかりはわかりません。
福島のように、原発が破壊され、放射能のために避難、ということだって、ないわけではありません。
東京はどこの原発からもそれなりに近いのですから、考えない方が非現実的だと思います。
他にも危険は沢山あるはず。
そういった危険のために、


「どうしても避難所に行かなくてはいけないとき」


を想定して、同行避難訓練を考えていただきたいものです。
現実に起きたら、機能するところが少ない、というのを前提にしすぎてやしませんか?

いくつものシュミレーションがあるはず。
ここが機能してなくても、あそこは機能しているかもしれない。
それこそ、5日たったら、自衛隊が入るかも、各国の支援隊がくるかも、他地域の民間ボランティアが集まるかも。
少ない準備期間と少ない実地日、実地時間、少ない予算、色々問題点はあるのだと思いますが、まだ第2回です。ぜひとも前向きに、進化させていってほしいと思います。

小林先生は、世田谷区の動物関係の防災は、都内で一番遅れている、とおっしゃいました。
そんな中、この日の会場の山野小学校、避難所運営委員会はとても熱心なのだそうです。
ありがたいことです。
私も出来る限り、意見などを発信していきたいと思っています。



そのうえで、結論としては、現状でのままでのペット同行避難所ならば、雨風が自宅でしのげる限り、うちは避難所には行きません。
元々3にゃんを連れてはいけない、と思っていました。

まがりなりにも、少しは311の被災動物ボランティアをしていた経験から、
絶対ペットの手を離さない、と決めています。
自分が飢えても、何かはペットに食べさせます。まだ人間のモノの方が手に入りやすいでしょうから。



色々書きましたが、お忙しい中、ここまで地域や他のご意見をまとめて、訓練を実地に導かれたのは大変なご苦労があったことと思います。本当にありがたいことです。

でも、だからこそ、世田谷区として誇れるような、いつまでも都内で一番遅れている、と言われたままにならないでほしいと思います。

又、何か書き忘れた事を思いついたら書いてみようと思います。
長々と失礼いたしました。

More
[PR]
by 911pianorama | 2013-12-02 02:53 | 被災動物

11,24せたがや区ペット同行避難訓練 その1・5・5

先に意見を書いていたら長くなってしまって、訓練れぽにいきつかなくなってしまいましたあ・・・。

さて、この同行訓練ですが、

私は下調べなどあまり出来なかったので知らなかったのですが、
結局訓練とは言っても、概要の説明などのお話だけでした。
後は、その問題の「ブルーシート」を使用した様子を見てイメージをつかんでもらう、ということでした。

e0218870_0342720.jpg

前項でも触れましたが、会場は第2グラウンドで、本会場からはまったく離れています。
どのように離れているかというと、本会場の方からは全く見えません。
ペットの関心のない方は、第2グラウンドで何をしているのか、わからないかもしれません。

たかが「訓練」、されど「訓練」
実際の避難時には、最初から第2グラウンドへペットと飼い主は行くのでしょうか?
飼い主も、避難所での登録など必要でしょう。

「人間が先」ですから、まずペット連れだろうがなんだろうが、きっとどこかに誘導されてそこで待機になるでしょう。その時、「世田谷区の保健所の職員が必ずしも避難所近くに住んでいる、仕事をしているわけではないから、いない」わけですよね。

だから、ペットを連れた飼い主の面倒は見れないから自前でみてね、というわけです。

はい、わかります。自前でみますよ。

じゃあ?避難所のメインで「近所には住んでないかもしれないけれど、リーダーシップをとるためにやってきた避難所の担当?」は、そのあたりの事はきちんと把握しているのでしょうか。

動物を連れて、本校舎の方には入れないということで、最初からさくやを人に預けることは考えていない私たちは、そちらを見学していないので、指揮系統に関しての認識が間違っていたらすみません。先に謝って置きますね。

もちろん、地元自治会の方、避難所運営委員会の方たちは、災害時に何をおいても避難所に駆けつけるのですよね?そういう方たちが実際の避難所をまわすことになるかと思います。

その場合、その方たちが把握していなければ、その方たちの裁量ひとつで、天国にも地獄にもなります。

想像されるのはこうです。

「ペットと一緒だと、ここには入れないよ!先にペットの方を預けてきて!」と言われて、ペットを預けるところを探しに行きます。当然ながら何もありません。どこに置くの?どこに預けるの?心配で離れられない。
家族なり知り合いがいれば、場合によってはいったんひとりが手続きなり登録なりをしておいて、一人が外でついていることは可能でしょう。
まあたらいまわしになることは間違いないのではないでしょうか?
その挙句に、こんなときに「犬や猫のことなんて」かまってられないよ!何言ってるんだ!」とそしられる。
たまりませんな。

よくて、一時的にペット連れがまとめたスペースに留め置かれる。それから、2グラに移動。

悪い想像ばかりしていても仕方ないのですが、つまり、同行避難訓練を今回はまだ最初だから仕方ないとしても、一般避難者と一緒にしないと、本番の時に(本番がなければ一番いいですが)一般避難者にもペットがこの避難所にはいるのだ、という認識ができないと思うわけです。

ペット同伴での避難では、一番にペット持ちの飼い主と、一般の避難者との相互理解が必要になるからです。

その間をとりもつであろう役割は、本来は行政の方がいてくれて初めて公平感が出てくると思うのですが・・・。
この辺はいかがなものか。

その1・5で申し上げたように、悲観的な内容しか見えてこない。
災害がいったん落ち着いた時に、次はどうするか?と言う時に、飼い主だけの自助メンバーだけでは決めたことの行使は難しいでしょう。

そのあたりが今回の訓練ではまったく見えてこないのです。
[PR]
by 911pianorama | 2013-12-02 01:03 | 被災動物



猫のぴあのの思い出と、猫たちとの日々をメインに。
カテゴリ
全体
ぴあの
開耶SAKUYA
菊理(くくり)元パム
アンシャル(あんころ)
被災動物
病気
イベント
えせぐるめ
旅行
舞台・映画
くりごと・ひとりごと
大家
未分類
最新の記事
以前の記事
RINK
フォロー中のブログ
タグ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧