ぴあのらま

カテゴリ:病気( 2 )

8月12日 午前中のこと。

8月12日 金曜日

 主人が出社してからしばらくして、私の携帯に電話が入る。
 6時半過ぎ。ドクターからである。

 主人に宛てたメール。
 6:45 先生から電話。状態良くないそうです。少ししたら行って来る。

 病院に着くと、待ってたようにドクターがドアをあけてくれた。
 入院の時のケージ(後で思い出したが、もこなが入っていた場所と一緒だった。)にぴあのはいた。
 四肢を投げ出し、痙攣していた。
 声をかけると少しは反応するのだけど、意識は朦朧としているようだった。
 ケージのドアをあけてくれたので、ドクターと話している間、ずっと頭を撫でていた。
 ぴあのの前足は、点滴するようにとプードルカットになっていたけど、
 点滴が出来ないのでそのままになっている。
 皮下点滴はした後で、ドクターは1本注射をうった。
 
 もし望みがないなら、うちで看取りたいし、家に連れて帰ってあげたいと逡巡したが、
 ドクターが全然望みがないわけではないです。少しでも皮下点滴が効いてくれれば…。
 とおっしゃったのと、点滴をする方が、本人が少しは楽なはずだというのは前のもこなのときにわかっていたし、
 連れ帰るだけで体力を失ってしまうであることはひと目見てもあきらかだった。
 まさかそのまますぐ、もっと状態が悪くなるなんて思いもしなくて
 いや、思ったかもしれないけれど、それを信じたくなくて、
 自宅で待機するべく、私は一度帰宅した。
 
 凄く疲れを覚えて横になって主人にメールした。
 同じ内容のメールをちゅうさんにも送った。
 
 今日一日もたない気がします。
 連れて帰ろうかと迷ったけれど、本人は意識混濁になっていて痛みは感じてないそう。
 先生が望みはないわけではないとおっしゃるので急変したらすぐ連絡してもらうようお願いして帰ってきました。
 脳に毒素が回っているだろうと。
 何がキッカケかわからないけども、急に毒素が体に回ったのではないかということです。
 先生から連絡だければ、午後又行って来る。
 様子によっては手立てがなくなるようなら、連れて帰ります。


 これが、7:46
 この時点では、私はまだその日1日くらいは持ち直してくれるのでは、と期待していた。
 そして、主人から何かあったらメールするようにとの返信が来て
 それにわかった、という返信を送った8:01調度に携帯に電話。
 そして「もしもし」と言ったとたんに、くそったれソフバのアホアイホンがブラックアウトする。
 災害時に使えんな、ソフバ!!
 即座にアイホンを放り出して、家電から獣医さんに電話。
 ドクターが、もうほぼ心臓停止してるとのこと。

 2分で獣医さんに着いたと思う。
 処置室にいたぴあのは、呼吸器を咥え、四肢を投げ出したあの格好で 
 目を見開いていたが、あきらかにその目はもう何も写している感じではなかったと思う。
 人間と同じ、人工呼吸器のパネルの数字が点滅し、レッドゾーンになると
 耳障りな音をたてるのも同じ。
 母の亡くなったときと同じ。
 何度もレッドゾーンになり、上がり下がりしながら、段々0になる回数が増えて
 ずうっとピーという音が連続するのだ。
 
 それでも、ぴあちゃん、と声をかけると数値が上がる気がする。
 数値を見ながら、ドクターが懸命に心臓マッサージをしてくれている。
 何度も何度もしてくれている。
 記憶はさだかじゃないのだが、間にエコーも撮った気がする。
 
 何度も、もういいです、ドクター、と言いそうになるのを
 口から出すことができない。
 ドクターが一生懸命になのと、私自身が一縷の望みをかけているから。
 どんな小さい望みでも。
 これで持ち直したって、脳に障害が出る。
 まず間違いなく歩けなくなるだろう。それでも!と。

 このときのことを翌日、自分への覚書としてツイッターにあげている。
  
 ○自分へのおぼえがき ああそうか。もういい、っておもったのは、実は私じゃないのかもしれない。ごめん。

 ○ドクターが懸命に心臓マッサージをしてくれていた。波形はほとんど波打たなかったから、ドクターにもういいですよ、と言おうかと思ったんだ。呼吸器咥えた小さい口が可哀想で。

 ○あの人工呼吸器?の機械が母の時とたぶん同じで、上がり下がりしながらアラームが鳴り、そしてゼロになる。人間も猫も同じ。

 


 数値が下がったままほとんど変わらなくなった。
 つとドクターが
 「呼吸器をはずしますね。」
 静かにそういった。
 口から呼吸器がはずされると、無理やりあけていた口は、すでに硬くなって閉じにくくなっていた。
 ドクターが丁寧に口を閉じさせようとしてくれていた。
 
 こうした合間に、もこなのときも散々お世話になっていた看護師さんが出勤してきてて、
 処置室の様子に唖然としていた(ように見えた)。
 やはりみんなの思っていた以上に急変だったのかもしれない。
 看護師さんと、ドクターで、横になっていた反対側にたれたヨダレとか汚れを拭いて清めてくれ、
 口の中とお尻に脱脂綿を詰めてくれた。
 それを見ながら、私はまだぴあのの顔を撫でていて、ああ、もこなのときは脱脂綿をつめてなんてあげてないなあ、家で亡くなったからなあ、とか埒もないことを考えていた。
 
 ドクターがぴあのをキャリーじゃなくて、箱に入れて行きますか(帰りますか)?と。
 白いダンボールがあるので、それを出してくれるというのでお願いした。
 小さいキャリーの中でせせこましいのはかわいそうに思えた。
 病院のバスタオルを引いてくれていた箱の中に抱いておろした。
 少しづつ硬くなってきているのがわかって、それがせつなかった。
 病院を辞し、箱をゆらさないようにして家に帰った。
 
e0218870_21225245.jpg

 
 
[PR]
by 911pianorama | 2011-08-20 01:20 | 病気

8月11日木曜日のこと。

8月11日 木曜日 
 朝からお昼頃までいたって通常通り。
 昼過ぎから、私はお稽古に。帰宅は4時頃。
 玄関ドアを開ける前に、玄関前の廊下でぴあのを少し遊ばせるために掃除。
 ドアの向こうでうぎゃーうぎゃー声がする。いたって元気。
 少し玄関前の廊下(マンションの共有、ただしうちのみ使用の外廊下)で数分探検。
 家の中に入ってお水を飲み、少しだけカリカリを食べる。
 足を見たらやけに汚れている(外の土で)ので、あんよをふく。
 私は家事、ぴあのは寝室の窓をあけ、網戸にするとそこでずっと外を見ている。(日課)
 6時ごろ、いつものようにごはん、とねだりにきたので 
 又新しいカリカリ(ロイカナの肝臓サポート)を出してあげると
 これじゃないやい!って顔をして、匂いをかいでほとんど食べないで冷蔵庫の前で鎮座。
 (これもよくあること。後で仕方なく?食べに来る。)
 主人が帰宅、私たちは夕食。
 ぴあのはほんの少しカリカリを食べてから、お水をのむ。
 やけにえんえんお水を飲む。
 このときに、やけに長く飲むな、と思ったのだった。
 私らの夕食が終わってから、ぴあのの夜の薬を飲ませる。
 粉(抗生剤)1袋、錠剤の抗生剤半錠。
 やけにいやがってあぶくぶくぶくして、あまりちゃんと飲めない。
 と、薬を吐き出した。
 白いあぶくを吐くのだけど、あきらかに先に飲んでたお水がどーっと出てくる。
 背中をなでていると動悸が激しいのがわかる。
 どーんと大きく2回くらい、続けて小さく2回くらい吐く。
 ぴあのはめったにというか、ほとんど吐かないので、これは大変だ、と思った。
 まだえづいて、又もう1度吐きそうにしたけれど、
 吐くものがもうなくて白いあぶくがひとったらし。
 その間も気持ち悪そうに口をあけてくちびるをぴちゃぴちゃしている。
 なんだか尋常じゃない様子に、どうしよう、と主人と顔を見合した。
 かかりつけのドクターの、診療終了の時間だったけれど、
 電話を入れてこれから行っていいか、とお願いした。
 徒歩数分の獣医さんにつくと看板の灯は落とされていたけれど、
 ドクターも看護士さんも待っていてくださった。
 すぎに見てもらい、状況を説明。
 どのみち、その2日後はいつもの通院日だったのだが、
 今日血液検査をしますね、とドクター。
 血を止める間に、ぴあのは又気持ち悪くなり、
 今まで聞いたことのないような悲壮な声を一声吠えて、その後吐いた。
 それ以外は、もう気力がなくぐったりしていた。
 それでも一度吐いた後は、抑えられるのが嫌になっていやいやを初め、
 その時は目がしっかりしたので、私は少し安心したのだった。
 
 血液検査の結果は惨憺たるもの。
 前回通常範囲内に下がってくれた
 GOTがなんと241
 通常の5~6倍である。
 続けて
 GPT-531
 ALP-460
 TBIL-0・6
と黄疸の数値もやや高い。
 GGTは通常範囲内。
 しかし、
 アンモニアは406にもなっている。

 そのままレントゲンを撮ります、とのことで、私たちは待合室で待つ。
 処置室からぴあののえづく声が聞こえて、吐いたような音がした。
 主人と、「吐いたね」「うん、吐いた」とだけ会話。
 
 ドクターが顔を出し、私たちを呼んだ。
 いったん、ぴあのにはキャリーに入ってもらい、
 肝臓の写真を見る。
 以前に撮って貰った写真と大きさなどの変わりはないようだ。
 胃腸の中にはほとんど食べ物がなくガスばかり。
 おしっことウンチが少しだけたまってるようだ。
 
 アンモニアの数値からすると、解毒がうまくいってないようだと。
 対処療法として、静脈点滴を入院して行うのが、今としては最善だろうと。
 ぐったりしているぴあのを前にお願いした。
 ぴあのに何度も何度も頑張るんだよ、と言って、病院を後にした。

 帰宅してしばらくした頃、ドクターから電話が来てどきっとした。
 主人が受けたが、血管がどうも収縮していて静脈に点滴できないと。
 皮下点滴と注射に切り替えるが、いいか、という確認だった。
 もちろん、それでお願いする。
 その夜、その後ドクターからの電話はなかった。
 娘が仕事から帰宅したのは、真夜中。

  続く


e0218870_1135130.jpg

[PR]
by 911pianorama | 2011-08-20 00:36 | 病気



猫のぴあのの思い出と、猫たちとの日々をメインに。
カテゴリ
全体
ぴあの
開耶SAKUYA
菊理(くくり)元パム
アンシャル(あんころ)
被災動物
病気
イベント
えせぐるめ
旅行
舞台・映画
くりごと・ひとりごと
大家
未分類
最新の記事
以前の記事
RINK
フォロー中のブログ
タグ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧