ぴあのらま

福島っこがやってきた!

元々、ぴあのが慣れたら、2頭飼いに挑戦するつもりでした。
それがぴあのの病気発覚で、その余裕がなくなってしまった。

さくやがやってきて落ち着いて大丈夫そうだったら、
他にこのこ、というこがいなければにゃんだーから被災っこを貰い受けるつもりになりました。
思った以上に甘えっこだと発覚したさくやの性格も加味して、
さくやを包めるような大人の猫がいいね、と。
それからも色々あって、11月にシェルターに久々にボランティアに行った際、
猫部屋で気になるこを物色。(笑)
その中のひとりが、パムさん、今のくくりでした。
e0218870_23132827.jpg

これはその時に撮ってきた写真。

どちらかと言えば、パムさんは地味な顔、とってもキジトラなお嬢さん。
マンチカンでも入ってるの?つー短いあんよと
まんまるな御身体とくびれのない首、その何もかもがハートにどきゅん☆
決め手は何だったか、と言われれば、@福島掲載の写真よりも
実物の方が可愛い。
ちょうど世話をしていた時に、こにゃんがじゃらしで遊んでいたら、
こにゃんが飽きるまで、ちゃんとお座りをして待っていたというお利口さんで。
(これにだまされたのは、後でわかるわけですが。)

そんなこんなで、よりもらうことにするぞ!ということで、
にゃんだーの里親担当さんと連絡をとりあい、
里親になるのを許していただき、うちにも訪問していただいたこともあるので
後はうち側での、脱走対策のみ、というところまで来ていたのが12月中旬。

警戒区域にNPO団体突入許可が出て、にゃんだーがOK出て、
迷った末に婆あな私も少しは役に立つかもしれないと、参加を希望し、
行くことが決まった日が26日。
e0218870_2345075.jpg

車を出してくれたディア・ママさんにお願いして、帰りに連れて帰ることに。
年末年始をうちで過ごさせたかったのです。
さすがに年末年始は家人も在宅が多いし。

圏内で名誉の負傷(爆)を負ったせいで、シェルターに帰るのも遅くなり、
シェルターから帰るのも遅くなり、ついでにドライブ時間も長くなり、と
くくりにはとっても負担をかけてしまいました。

そんなことには全然問題なかったくくりさん。
e0218870_23274941.jpg

一安心と思いきや、後でそれなりの問題は出てくるのですが、
27日の早朝になってしまった帰宅後、ケージにてお休みいただきまして、
さくやが気になってふんふんしているのをなだめつつ、
その日は朝寝坊を決め込んだわけでした。

続く。
[PR]
by 911pianorama | 2012-03-10 23:47 | 菊理(くくり)元パム
<< くーさんの知らないくーさんのこと。 さーちゃんのこと。その2 >>



猫のぴあのの思い出と、猫たちとの日々をメインに。
カテゴリ
全体
ぴあの
開耶SAKUYA
菊理(くくり)元パム
アンシャル(あんころ)
被災動物
病気
イベント
えせぐるめ
旅行
舞台・映画
くりごと・ひとりごと
大家
未分類
最新の記事
以前の記事
RINK
フォロー中のブログ
タグ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧