ぴあのらま

そして、8月11日午前中の事。

いつものように二度寝から目がさめた。(ダンナとムスメはすでに出勤。)

ぴあのが側に来ないからおかしいな、と思った。
(とはいえ、寝こけていることはある。)

ふと見ると、私のふとんの側に座っている。

ぴあちゃん、おはよー、って言うと、「にゃ」と答えた。

e0218870_20565897.jpg


ではでは、とぴあちゃんの二度目の朝ごはん。

肝臓の数値が上がってからというもの、ぴあのは少しづつ何回にもわけて食べる。

そして、暑くなってからは、酸化してしまうともう食べない。

ので、少しづつ本にゃんが欲しい時にあげるのです。常にごはんの時間なわけです。

あんまり食欲ないねー、と、ほんの少しだけ、猫用かつぶしを

ロイカナ肝臓サポートにまぶしてあげると、かつぶしだけなめてる。

(まあそのうち、カリカリの方も食べるのだけど。)

e0218870_2114719.jpg


この本の表紙を写メしたかったので撮っていたら、ぴあのが見に来た。

そのくらいから、ぴあのがおしゃべりをしだす。(これもいつものこと)

「にゃにゃにゃっ」

「にゃーんん」

e0218870_214748.jpg


譜読みをしている私の側に来てはひとしきりしゃべり、

又窓際に行き外を見る。

そして、又私の側に来ておしゃべりをする。

ぴあののおしゃべりには、たいてい意味がある。

その多くは、ごはん。そして、眠たいから寝ましょう!あんど遊べや!

まあこの3つが主。

でも、そのどれでもないこともある。

その日もたぶん、そうだった。

ごはんはあげてももういらない。

まだ眠たいの?一緒に寝んねする?と抱っこすると

そうじゃないのー、って感じに抱っこから降りる。

仕方ないので、側に来ると私も「うん、うん」と言っていた。

この日はそれが延々と続いていた。

考えてみれば、あの時ぴあのは何かを私に訴えていたのか?

いやいや、ぴあののことだから、なーーーんにも考えていないことも考えられるね。

「失礼ね!」(ぴあの)

それでも、暑い日ではあったが、ほんの少しだけ二人でまどろんだのだった。

e0218870_2194865.jpg


珍しくひっついてきたから、お互い暑くてほんの少しだったけどね。




そう、後で思えば、その日のおしゃべりは長かったのだ。

でも、その時はやけにおしゃべりだなー、ぐらいしか思わなかった。

それ以外のことはいたって普通であったので。

こうして、蜜月な午前中は終わり、昼過ぎに私はいったん外出する。

帰宅した時も、

ぴあのはいたって普通に見えたのだった。

e0218870_21144958.jpg


「は~いっ♪」(ぴあの)
[PR]
by 911pianorama | 2011-08-21 21:16 | ぴあの
<< ぴあののマグカップ おしゃべりぴあにゃん >>



猫のぴあのの思い出と、猫たちとの日々をメインに。
カテゴリ
全体
ぴあの
開耶SAKUYA
菊理(くくり)元パム
アンシャル(あんころ)
被災動物
病気
イベント
えせぐるめ
旅行
舞台・映画
くりごと・ひとりごと
大家
未分類
最新の記事
以前の記事
RINK
フォロー中のブログ
タグ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧